パーカー処理
 
1915年にParkerらにより実用、発展したことからパーカーライジングと呼ばれることが多いです が「燐酸塩処理」の代名詞です。 燐酸亜鉛や燐酸マンガンの水溶液中へ処理品を浸漬することにより、防錆のためあるいは塗装下 地の目的で処理を行います。液中の燐酸イオンと反応して燐酸亜鉛、燐酸マンガンの水に溶けに くい水和物結晶皮膜が成長します。

【弊社の燐酸塩処理の特徴】
  • 燐酸亜鉛の厚膜タイプで単独防錆用を主目的にした皮膜です。
  • 一度受注されたお客さまが固定のお客様となることが多いです。 (材料と熱処理の性状が判っている強みがあるため、部品に応じて、きめ細かい処理が出来ます)従来の処理で満足頂けないことがありましたら是非お試しください。
  • 勿論、塗装の下地としても優れた効果を発揮します。

パーカー処理加工例

その他の部品写真
このページのTOPへ